画像認識

画像認識プラットフォーム

さまざまなソリューションに利用可能な画像認識エンジンをAPIで提供

画像認識プラットフォームとは?

画像認識ソリューションで必要となる画像認識AI(学習モデルの生成から学習モデルのAPI化)を簡単に作成・利用可能なサービスです。

画像認識の活用シーンについて

画像認識を活用することで、さまざまな業務の改革や、さらなるサービス性向上が期待できます。

他にはどんな使い方ができるの?

お問い合わせはコチラ

4つの特徴

画像認識プラットフォームの4つの特徴によって、誰でも簡単に安心して画像認識AIの作成・利用することが可能です。

簡単操作で画像認識
AIの作成が可能
これまで画像認識AIを作成するために、専門的な知識や技術を持ったエンジニアが必要でした。本サービスは、専門的な知識や技術を持っていなくてもWEB上で簡単に画像認識AIを作成することが可能です。
画像認識エンジンを
順次搭載
ドコモが開発した「物体検出エンジン」と「一般物体認識エンジン」を搭載しております(※)。今後、他の画像認識エンジンも順次搭載予定にしております。

(※2020年6月時点)

高いセキュリティ環境 (※)
ドコモオープンイノベーションクラウド®に構築されているため、インターネットを介さずドコモ網内に閉じた高いセキュリティ環境で、画像認識AIの利用を行うことが可能です。

(※ 別途、クラウドダイレクト接続オプションのご契約が必要です。)

直感的な操作ができる
ユーザーインターフェース
シンプルなユーザーインターフェースにより、どなたでも直感的に操作することが可能です。

2つの画像認識エンジンを標準搭載

画像認識プラットフォームでは、ドコモが開発した「物体検出」と「一般物体認識」の2つの画像認識エンジンをご提供しています。

画像の中に
「何が」
「どこに」写っているか

物体検出
個々の被写体の形状から、画像のどこに写っているか判定し、座標を返却します。

この画像は
「何が」写っているか

一般
物体認識
模様・見え方が固定でないが、一定の画像特徴を持つ被写体をカテゴリ分類します。

もっと詳しく知りたい!

お問い合わせはコチラ

ご利用料金

利用頻度に左右されないシンプルな料金体系でご提供させていただきます。

ドコモ画像認識プラットフォーム利用料
ドコモ画像認識プラットフォーム利用料
  • 利用開始初月は無料です。
  • 最低利用料金は月額20万円となります。(基本料金+API利用料金)
  • 作成する学習モデル数や、作成回数によって料金は変動しません。※2
  • APIとして利用する学習モデルの数によって料金は変動します。
クラウドダイレクト接続オプション利用料
クラウドダイレクト接続オプション利用料
  • 別途通信料が必要です。
  • クラウドダイレクト接続オプション契約は、お申込みいただく回線数、ご利用いただく通信量により、複数契約のお申込みが必要となる場合がございます。
  • 詳細につきましては、ドコモ法人営業担当者へお問い合わせください。
※1:同一APIでの更新や機能改善については追加料金は必要ありません。※2:保存領域などの容量制限は別途設けております。※利用終了月は日割りせず、1ヶ月分の料金を頂戴いたします。※本ページに記載している価格は特記のない限り税抜価格となります。

ご導入までの流れ

導入のご検討・ご相談につきましては、まずはお気軽にお問い合わせください。

ご導入までの流れSTEP1
ご導入までの流れSTEP1
まずはお気軽にお問い合わせください。
ご利用されたい内容をお伺いした上で、お見積書のご提示をさせていただきます。
(貴社をご担当させていただいているドコモ営業担当者がいる場合には担当者へご連絡ください)
ご導入までの流れSTEP2
ご導入までの流れSTEP2
利用申込書をご提出いただき、ドコモにて手続きが完了次第、お申し込み完了および、お客さまアカウント情報のご連絡をさせていただきます。
ご導入までの流れSTEP3
ご導入までの流れSTEP3
ドコモ画像認識プラットフォームのログイン画面に、お客さまアカウント情報をご入力いただくことで、ご利用いただくことが可能です。