事例

ドコモオープンイノベーションクラウド®を利用して構築されたシステム事例です。低遅延、かつ高セキュアな通信だからこそ実現したサービスとなっています。

顔認証システム

米国RealNetworks, Inc.「SAFR」は深層学習を用いることで、高精度の顔認証を実現しています。5Gおよびドコモオープンイノベーションクラウド®を利用することで、素早い登録と、1秒以下の高速な顔認識が可能になります。企業における顔認証による入退室システムを実現したり、コンサート会場における顔認証、性別や年齢などの情報を用いたパーソナルマーケティングなど、幅広い応用が想定されます。

ARスマートグラスによる遠隔作業支援

ARスマートグラス「AceReal One」を装着した現場作業員と支援者のPC間にて、映像・音声を用いた状況共有と、支援者から図面・マニュアル等の送付により、経験の少ない作業員に対する遠隔サポートが可能となります。支援者は遠隔から複数現場をサポートでき、作業品質の平準化、移動コスト削減等の大幅な業務効率化を実現できます。ARスマートグラスとPC間の通信は、閉域通信によりインターネットに一切出ず、ドコモオープンイノベーションクラウド®上にあるサーバを介して行われます。秘匿性の高い、製造業・インフラ業などの現場映像や、図面・マニュアル等のファイルも、高セキュリティな環境であんしん・安全に送受信を行う事が可能となっています。

スポーツ中継システム

2019年に行われたラクビーの国際大会において、全国8会場で行われた試合の多視点映像や解説情報、選手データやリプレイ映像などの付加情報を、5Gネットワークを通してスタジアムおよびパブリックビューイング会場(2試合)内のドコモが用意する5G端末に配信しました。このサービスによって試合観戦と同時に、さまざまなアングルでの映像や選手のデータなどが手元で確認でき、試合観戦をより楽しむことができます。