5Gイメージ画像
5Gイメージ画像
ドコモ
オープン
イノベーション
クラウド®
5G時代に最適化されたセキュア、低遅延、高機能なクラウド。国内6拠点を基盤に、スケーラブルなアーキテクチャを実現。
NEWS
2020年6月30日
ドコモオープンイノベーションクラウド®開発者ポータルサイトを開設しました。

ドコモオープンイノベーションクラウド® は、ドコモ網内に構築されるクラウドサービスです。仮想マシンインスタンスや仮想ネットワークが利用でき、5G時代に求められる低遅延、高セキュリティな通信を提供します。さらにドコモの持つ画像認識APIをはじめとした強力なアセットを用いることで、魅力的なアプリケーションを素早く実現できます。

特徴1

ドコモネットワーク網内での
クラウド基盤の提供

ドコモオープンイノベーションクラウド® ではドコモの持つ国内6拠点(※2)内にシステムを構築できます。一般的なパブリッククラウドとしての利用はもちろん、ドコモネットワークからインターネットを介さずにクラウドへアクセスできるオプションサービス、クラウドダイレクト™ も利用可能です。GPUサーバが利用可能で、AI/機械学習を用いたサービス構築にも最適です。

※2

東日本(東京拠点・神奈川拠点)、西日本(大阪拠点・大分拠点)。クラウドダイレクト™非対応の西東京拠点・栃木拠点もあります。

特徴2

デバイスからクラウドへ
低遅延での接続が可能なクラウドダイレクト™

クラウドダイレクト™はデバイスからクラウドまで、インターネットへ出ることなくデータ送受信を行います。通信のホップ数を減らすことで低遅延、さらにインターネットを経由しないことで高セキュリティを実現します。また、電話番号認証方式を利用することで、あらかじめ登録された電話番号からのみ利用可能です。各デバイスにはローカルエリア用IPアドレスが付与され、固定IPアドレスでデバイス間通信が可能なDirect方式と、動的IPアドレスによるConnect方式が利用できます。

特徴3

デバイスに近い拠点へ
接続先を切り替えられる
ネットワーク・オン・デマンド

クラウドダイレクトでは、東日本にあるデバイスは東京リージョン、西日本にあるデバイスは大阪リージョンといった具合に、デバイスの接続先を切り替えられるネットワーク・オン・デマンドを提供しています。より近いクラウド基盤拠点に接続することで、低遅延を実現します。また、複数拠点を利用する際には、拠点間ネットワークサービス(オプション)にて、インターネットを利用することなく、拠点間でのデータ同期やバックアップが可能です。

特徴4

VMware / OpenStackを
選べるクラウド基盤

クラウド基盤のベースにはVMware(Compute V)とOpenStack(Compute O)を用意しています。高機能、高性能を求める場合にはVMware、自由度の高さとシンプルさを求める際にはOpenStackをおすすめします。実現したいアプリケーションに応じて選択可能です。また、ネットワークセキュリティサービス(オプション)を利用することで、デバイスの通信状態、セキュリティ状況を可視化、モニタリングできます。